今やらなければならないことを全力で
 

 
    
正式名称 福井嶺北リトルシニア野球協会
活動内容 中学生硬式野球クラブチーム
所属リーグ 一般財団法人日本リトルシニア中学硬式野球協会東海連盟
設立 2012年10月
主な実績

2013年 第1回福井嶺北野球大会優勝

2014年 日本リトルシニア第4回西日本大会出場

2014年 永平寺町長杯争奪永平寺大会3位

2016年 ジャイアンツカップ福井県予選決勝戦進出

2016年 北陸新聞旗杯争奪1年生大会準優勝

2017年 藤井寺大会準優勝

2018年 兵庫県知事杯準優勝

所在地

福井県福井市高木中央1丁目504

【注意とお願い】

※郵便物などは、すべて、下記の事務局あてにお送りください。

〒910-0002 福井県福井市町屋2-8-31 石丸朗宛

募集対象 福井県嶺北地域の野球の好きな中学生を幅広く募集中
名誉顧問 宮本 和知氏(元東京読売巨人軍) → 公式サイト
総監督 布村 浩三 090-3765-0790
監督 前田 知之 090-2030-2348
会長 清水 覚      090-6813-7373
事務局長 石丸 朗    090-9763-0233
email fn_senior@yahoo.co.jp
fax 0776-23-8194
定例練習日
毎週 火・木曜日 18:30~21:00
毎週 土・日曜日 9:00~17:00
土・日・祝日は、練習試合や大会が設定される場合があります
主な練習場所 福井フェニックススタジアム、きららパーク、美山アンデパンダン他
選手数

2年生 12名
1年生 15名

6年生 14名

練習生 1名

合計 42名(2018.4.5現在)

卒団生の進路

県外:天理高校、遊学館高校、富山みらい学園等
県内:福井商業高校、敦賀気比高校、福井工大附属福井高校、

         北陸高校、坂井高校、鯖江高校、武生商業高校、藤島高校、

         高志高校、羽水高校、足羽高校、福井科学技術高校、

   福井農林高校、福井工業高等専門学校等

主な設備 室内練習場、バッティングマシーン×2基、スピードガン
AED×2台、チーム専用バス
入会費 20,000円
月会費 12,000円(兄弟割引あり)

 

 

福井嶺北シニアは、いつも全員が挑戦者です

 

 

高校で、即戦力となる選手を育てます

 

 嶺北シニアは、まず高校の野球部でレギュラーになれる選手の育成を目指しています。

 初めて硬式野球に触れる子ども達。第二の黄金期とも呼ばれる中学生時代に、どれだけ基礎を身につけられるかで、プロ野球、甲子園といった夢がかなえられるかどうかが決まります。試合に勝つことも大切ですが、高校以降の野球人生の基礎を身につけることは、もっと大切です。急な成果を求めて、発育期の体を無視した無理なトレーニングをすることは、決してプラスにはなりません。

 

野球の面白さ、奥深さを実感し、高校で野球をやりぬく強い体と精神をつくることが私たちの目標です。 

「今やらなければならないことを全力で」は、そんな私たちの理想を表したスローガンです。若いエネルギッシュな監督、投手、守備に専任の経験豊かなコーチ陣が、技術面はもちろん、精神面、体力面を全力で指導いたします。

 

 卒団生は、県内外の高校の野球部で活躍しています。
 

 

硬式野球の負担の軽減に努力しています

硬式野球は、お金のかかるスポーツです。

団費以外にも、用具や、遠征費などご負担がかかることを私たちは知っています。野球のすそ野を広げるには、負担の軽減にも真剣に取り組まなければなりません。

私たちは、経済面で最も負担の少ないクラブチームであることを誇りに思っています。また、保護者の方の当番制はありません。条件に合わせて、ご協力いただける範囲でご協力いただくのが私たちのやり方です。練習の際の送迎についても、できるかぎり支援させていただきます。

ぜひ具体的にご相談の上、比べて下さい。

 

食育にも取り組んでいます

嶺北では、子ども達一律に過剰なご飯の量を強制することはしていません。

しかし、成長期にバランスのとれた食事を摂り、試合をたたかいぬける力をつけること、怪我のしにくい体をつくることは絶対に必要です。

保護者の負担を抑え、食事に感謝しながら、いかに子ども達に食事への意欲を高めてもらうか、が大切です。冬の時期に、体重増加目標を決めて、毎週選手の体重を管理しているのもその一つです。

 

 団内食育資料

 

 

チーム専用の室内練習場も完備




2013年12月、待望の室内練習場が完成。
九頭竜川沿いの緑豊かな場所で、縁あって建物を借りることができ、室内内装は、お父さんの勤労奉仕で仕上げました。北陸の野球チームの悩みの種だった冬季練習場も確保しています。選手が増えてきたため、ちょっと手狭になってきましたが、その分熱気は十分。やかましい練習をいつも温かく見守って下さる大家さんに、本当に感謝です。

図書コーナーでは、野球に関する本や、嶺北がこれまで参加した大会のパンフレット、スコアブックなどが自由に閲覧できます。

2017年12月には床の人工芝を張替え、きれいになりました!

 

遠征用にチーム専用バスを用意




遠征用のバスが新しくなりました。大型バスの29人乗りで長距離でもゆったり座れるようになりました。
後部に、福井のシンボル恐竜をあしらったカッコイイ嶺北2号です。
このバスは、遠征以外にも、多目的に活用しています。

 

 

 

 

 

 

 嶺北のイメージキャラクター ボールザウルス


 
 

 ホームページ扉コレクション

 嶺北のホームページの扉画像は、単なるチーム紹介や飾りではありません。
 これまで、嶺北の選手はもちろん、すべての球児たちへのエールを込めてきました。過去の画像をピックアップしてご紹介します。(2018.2.16)
 ここからも、嶺北というチームの性格を感じていただけるのではないでしょうか。